知っておきたい婚約指輪を渡すタイミング

知っておきたい婚約指輪を渡すタイミング

近年は、前もって男性が婚約指輪を用意して、プロポーズの際に渡すというケースが少なくなってきています。

 

どちらかというと、2人で一緒に買いに行くというパターンの方が増えてきているんですね。

 

そのため、益々、婚約指輪を渡すタイミングが難しくなってきています。なぜなら、2人で出来上がった指輪を取りに行った際に、そのまま手渡すことが出来てしまうからなんですね。

 

流れとしては、確かに自然な流れではありますが、せっかく婚約指輪を渡すわけですから、お店でそのまま手渡しするというのは、あまりにも味気ないですよね。

 

特別なサプライズはなくとも、もうちょっと工夫が欲しいところです。

 

では、多くのカップルは、どのタイミングで婚約指輪を渡しているのでしょうか。

 

 

 

プロポーズの際に渡す人ももちろんいますが、両家の顔合わせの際に渡すというパターンが特におすすめです。

 

最近は、結納を行うケースが少なくなってきており、両家顔合わせの食事会で終わらせるパターンが増えてきていることから、その食事会で渡すカップルが多いんですね。

 

また、改めて結婚の意思を伝える効果もあるため、渡すタイミングとしてはベストだと言えるでしょう。

 

 

 

その他のタイミングとしては、完成した指輪を取りに行く時は男性が一人でお店まで行って、その後、ちょっとした演出をしながら手渡しをするという方法もあります。

 

一緒にお店まで行って、指輪を選んでいたとしても、完成品を見るのは初めてですので、十分喜んでもらえるといえますし、演出の仕方によっては、2人の大切な思い出としても残るでしょう。

 

以上、婚約指輪を渡すタイミングについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。そもそも、婚約指輪を渡すという行為だけでも、女性は心から喜んでくれるものです。

 

派手な演出をするというよりは、今一度、結婚するということを再確認する意味で婚約指輪を活用することをおすすめします。

 

難しく考えず、シンプルな演出やタイミングが最適だといえそうですね。


このページの先頭へ戻る