リングの刻印はどんなメッセージが良い?

リングの刻印はどんなメッセージが良い?

ブライダルリングに、刻印を入れることは今や当たり前となりました。しかし、長年に亘って大切にしてくものですので、どのようなメッセージを入れるかということで、悩むカップルは多いものです。

 

そこで、代表的ないくつかのパターンをご紹介していくことにしましょう。

 

 

 

まず、オーソドックスなものとしては、2人のイニシャルですね。それから、結婚記念日プロポーズをした日を刻印するカップルも多いでしょう。

 

その他のメッセージとして多いのは、一言メッセージです。指輪のサイズやデザインによっては、刻印できるスペースに制限があるため、考えてきたメッセージを入れることができないということが多々あります。

 

そのような時に最適なのが、一言メッセージというわけです。種類はたくさんありますが、日本語でメッセージを入れるカップルもいれば、英単語で「愛を込めて」、「愛しい人」などを入れるカップルもいます。

 

ユニークなものとしては、お互いの家紋を入れるという刻印もありますし、直筆のサインを入れるパターンも人気があります。これなら、他の人とかぶることがありませんので、安心ですね。

 

 

 

また、結婚指輪であれば、文字数制限が緩いケースが多いのですが、婚約指輪の場合、かなり限られていることがほとんどです。

 

無理をして刻印をしてしまうと、見栄えが悪くなりますので、方法としては宝石を埋めるというのが適しているでしょう。

 

宝石には、それぞれ様々な意味がありますので、2人で適切な石を探してみると、より指輪選びが楽しくなるかもしれません。

 

例えば、ダイヤモンドであれば、永遠という意味がありますし、アメジストは献身、エメラルドは幸せな結婚といった意味を持っています。

 

 

 

このように、刻印メッセージは探せば探すほど様々なものがありますので、お店のスタッフの方に相談してみても良いでしょう。

 

今までの様々なケースを紹介してもらいながら、最適なメッセージを見つけることができるといえます。


このページの先頭へ戻る