30代女性に人気の指輪デザイン

30代女性に人気の指輪デザイン

近年は、男女共に晩婚化しています。そのため、30代で結婚する男女が加しているんですね。そんな30代の女性が好む、結婚指輪のデザインとは、どのようなものなのでしょうか。

 

3つの傾向についてご紹介していくことにしましょう。

ずっと身につけることができるか

まず1つ目は、ずっと身につけることができるかどうかということです。

 

特に、シンプルで品質が良い結婚指輪を好む女性が多く、普段着にも外出用の洋服にも合わせることができるデザインが人気です

 

30代で結婚する女性の多くは、仕事をしていることから、仕事の邪魔にならないように、シンプルさを強く求めるのかもしれません。

 

耐久性があるか

2つ目は、耐久性があるかどうかです。結婚指輪は毎日身につけるものです。そのため、あっという間に傷がついていきます。

 

一般的には、プラチナの指輪を選ぶカップルが多く、また、プラチナは耐久性に大変優れていることから、ちょっとくらいの衝撃では傷つかないのですが、それでも毎日の細かな傷は避けることができません。

 

そのため、プラチナの純度が高く、耐久性に優れた結婚指輪を選ぶ人が多いんですね。

 

また、プラチナは、他のリングと比較すると、若干重さを感じるものですので、できるだけ軽量化されている商品に人気が集まりやすいようです。

 

他の指輪のデザインと相性が合うか

最後の3つ目は、他の指輪のデザインと相性が合うかどうかです。特に、事前に婚約指輪を貰っている場合は、重ねて付けることが出来るデザインかどうかを、重要視する女性がほとんどです。

 

近頃は、婚約指輪と結婚指輪がセット販売されていることがありますので、それぞれのデザインが気に入った場合は、セット購入するというのもありですが、その際もシンプルさや、さりげないお洒落なデザインとなっているかが重要視されています。

 

 

 

以上、30代の女性に人気があるデザインについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

 

30代の場合は、実用性やシンプルさなど、将来性を含めた上で、生活や肌に馴染みやすいデザインの指輪を選ぶ傾向が強いといえそうです。


このページの先頭へ戻る